トップ メガネ屋さんの案内サイトについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

メガネ屋さんの案内サイトコンタクトレンズの注意点 > コンタクトレンズが入らない

コンタクトレンズが入らない

コンタクトレンズが入らないの画像

コンタクトレンズを入れるのが苦手という人は多いと思います。毎日使用している人はともかく、たまに使用する人に多いでしょう。ある程度の慣れが必要とは思いますが、入りにくい人もいるようです。よく言われるのが、ドライアイの人が入りにくいというものです。目が乾いていると、入りにくいようです。コンタクトを使う前に、人工涙液などの点眼を使うことをオススメします。

目が小さいと入らないのでは?と考える人もいますが、そんなことはありません。人間の眼球の大きさは、それほど大差はありません。目が小さい人でも、コンタクトレンズが入らないということはありませんので安心してください。目の形にあったコンタクトレンズを処方してもらうことは可能です。また、まぶたの形によって、ハード向き・ソフト向きというのはあるようです。初めてコンタクトレンズを買う際には、眼科医と相談することをオススメします。

コンタクトレンズを入れるのが苦手な人は、入れ方を工夫してみてはどうでしょうか。ここでは、コンタクトレンズが入りにくい人にもオススメのコンタクトレンズの入れ方を紹介しましょう。まずは、上下から瞼を引っ張って、黒目をしっかりと出します。両目をシッカリと開き、レンズが黒目に完全に乗るまで瞬きをしません。レンズが黒目に乗ったら、レンズを眼球に馴染ませながら、ゆっくり瞼を動かして瞬きをし、じわじわ手を離します。コンタクトが入らないと困っている人は、この方法を試してみてください。



スポンサー広告

ネットショップ広告


メガネ屋さんの案内サイトのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ コンタクトレンズと眼鏡

コンタクトレンズも眼鏡も視力矯正のために使用されますが、両者の間には様々な違いがあります。一番の違いが、眼鏡が眼から離れた位置で使用するのに対し、コンタクトレンズは角膜の上に涙を介して浮んでいることです。コンタクトレンズは、眼鏡に比べて視野が広く、歪んだり見え方のサイズが違ったりということも少ないです。その代わり、簡単に取り外しができないという難点があります。 眼にゴミが入った時やコンタクトレンズがずれたりした時には大変です。コンタクトレンズなら顔のイメージを変えずにオシャ

メガネ屋さんの案内サイトについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。