トップ メガネ屋さんの案内サイトについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

メガネ屋さんの案内サイトコンタクトレンズの注意点 > コンタクトレンズのはずし方

コンタクトレンズのはずし方

コンタクトレンズのはずし方の画像

コンタクトレンズが上手につけられずに悩んでいる人がいる一方で、はずすのに悩んでいる人も多いようです。目の中に指を入れて外す…などと考えると、コンタクトレンズを使っていない人にとっては信じられないことですよね。ここでは、コンタクトレンズの上手なはずし方について紹介します。

ハードコンタクトレンズとソフトコンタクトレンズで多少の違いがあります。ハードコンタクトレンズから説明しましょう。レンズよりも大きく目を開けて、同じ側の人差し指を目じりにあてて、瞬きします。そうすれはずれます。一方、ソフトコンタクトレンズの場合は、中指で下まぶたを引き下げて、親指と人差指の腹でレンズを軽くつまんではずします。

また、目が乾燥しているとはずしにくくなります。乾燥して、コンタクトレンズが目に張り付いてしまうのですね。このことは、使い捨てコンタクトを利用している人に多いようです。目薬などをして、もう一度チャレンジしてみてはどうでしょうか。毎回毎回目薬を使うのはお金がかかる…と思うのであれば、保存液をコップかお皿にちょっと入れて、指をつけてみてください。その湿った指で1回レンズを触ってまばたきをし、もう1回指を湿らせて、レンズをつまんでみてください。

あとは、爪を短くしておくことです。爪を短くすると、指の腹が使いやすいという利点もあります。目を怪我しないようにするためにも、爪は短めの方が良いでしょう。基本は慣れですので、次第に上手にはずせるようになっていくと思いますよ。



スポンサー広告

ネットショップ広告


メガネ屋さんの案内サイトのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ はじめてのコンタクトレンズ

コンタクトレンズを使ったことのない人にとって、目の中にレンズを入れるなんて考えられないと思うのではないでしょうか?ここでは、コンタクトレンズ初心者向けに、コンタクトレンズについて説明したいと思います。 コンタクトレンズの材料はプラスチックで、角膜(いわゆる黒目)にのせて使う、視力矯正用の高度管理医療機器です。眼鏡と比較して、自然な見え方をして視力矯正力も優れていると言われています。白内障術後の患者やメガネの矯正で視力の出ないケースにも適応します。現在、日本人の10人に一人は

メガネ屋さんの案内サイトについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。